プロフィール

森 真行 

profilephoto
☆年間2千人以上の施術数
☆2年制カイロプラクティックスクール卒
☆2年間の東京カイロプラクティックセミナー受講
☆国際基準の学位カイロプラクティック理学士(B.C.Sc)
..............................................................
♦Rakuu Chiropractic 院長 森真行
♦1975.5.12 富良野出身
♦2011.7.28 Rakuuカイロプラクティック開院
♦妻(理学療法士でスタッフ)・娘1・息子1・柴犬1(メス)
..............................................................
食) ビール好き・麺類好き
趣味)愛犬にひざ枕を提供しながら読書
   ディズニーランド好き
♪) ジャック・ジョンソン
   セルジオメンデス
   Kygo
   平井大
   ミスチル 他なんでも
..............................................................

━−━−━−━−━−━−━−━−━
 カイロプラクターになった経緯
 カイロプラクティックが多くの人に
 利用されてほしい ―
━−━−━−━−━−━−━−━−━


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
介護福祉士から国内3%のカイロプラクターに
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

子供の頃は勉強が全然ダメで、体を動かすことだけが取り柄。「少林寺拳法・バスケットボール・スキー・スノーボード」などのスポーツをしていました。(少林寺は全道優勝!)しかしその中で腰を傷めてしまう。

腰が弱いのは分かりつつも、病院勤務だった両親の影響か、介護福祉士として病院に勤務。

それは体に負担のかかる職種ですから、更に腰を酷使してしまい腰痛は悪化。

治療のため、たくさん病院を受診するも、なかなかよくならず.....そのうち足に強いしびれが出始める。


――――――――――――
☆手術にて腰痛が完治!!☆
――――――――――――
注射や湿布で治らないのは経験済み、

「もう自分の腰痛は治ることはない」と諦めていましたが、

手術で有名な医師を知り受診。詳しい検査で腰の骨が2箇所、ぐらぐらと不安定な状態なのがわかりチタンでの固定手術を受けることに。


もう治ることはないと思っていたあのガンコな腰痛、それが手術で完治という体験で、“人体・医学についての興味”が強くなっていきます。

一瞬、「いまから医師を目指す!」

という選択肢が頭をよぎるが・・・さすがにハードルが高く 、、、(笑)そこで『手技療法』という病院以外の治療の選択肢に興味を持つように ―


病院を退職し『整体』を学び開業!


――――――
整体師となる
――――――
当時は店舗を持たず自宅と出張で整体施術をスタート。

その時みていた高齢の方でしたが、腰痛と足の痛みで歩くことはできても外出には不安があるという状態。

元介護福祉士ですから、このまま歩行状態が低下するのは見ていられません。一生懸命施術を重ねます。しかし全くよくなりません、、、。

当時はマニュアルの施術方法しか知りませんでしたので、原因の鑑別ができません。ですので、良くなるのか(?)ならないのか(?)ただただ一生懸命施術するしかありませんでした、、、。

整体師としてお役に立てない不甲斐なさ、そしてそれを提供していることに罪悪感がありました。

これはもっと勉強しなければ申し訳ない、、、
今度はカイロプラクターを目指すことになります!


―――――――――
カイロプラクターに
―――――――――
ところが、、、

施術に対して『気持ちがイイ♪』のお声はいただけても、じっさいの症状や体のお悩みに対しては、『原因がわからない、状態が軽減しない」といった状況は変えられずにいました。

自分の知識不足・力量不足を棚に上げ、(/ω\) 「通常医療とは違い、民間療法ってこういうものなのかなぁ・・・」 そんな気持ちが日に日に大きくなっていきます。

初めに抱いたあの不甲斐なさ、それが小さくなることはありませんでした。


――――――――――
そこで今度は、東京へ
――――――――――
トリノオリンピック公式ドクターの(※)DCや、著名なDCから直接指導を受けようと、東京のカイロプラクティック セミナーに毎月参加するようになります。

(※)DC:米国のカイロプラクティック大学を卒業されたドクター・オブ・カイロプラクティック

我ながら懲りませんが(笑)結局、2年以上東京に通うことになります。(勉強嫌いのあの自分が 笑)

..............................................................

東京へは、

「世の中には自分の知らない凄い手技がきっとあり、その方法やテクニックの上手い下手、それが施術結果を左右している」そう思い、それを追い求めて行きました。

ところが講義の殆どが、施術方法よりも『体の構造や生体力学・神経生理学など』の基礎知識の内容ばかり、

これまでの自分がいかに体に対する理解、解剖学の知識が圧倒的に足りていないかを思い知らされました、、、

何もできなくて勉強し始めた頃の『原因が分からなければ施術のしようがない』というあの思いをいつしか忘れ、手技の方法(テクニック)ばかりを追い求めるようになっていました。

どんなにテクニックが上手くなっても、どんな凄い手技を試してみても、体の状態・使う場所、そして使う理由が分からなければ、効果的なアプローチにつながることはありません。

改めてそれを感じ、初心に帰る東京の2年間でした。

それからカイロプラクターとしての方向性が定まる。そして大阪へ!


―――――――――――――――――――
2018.3
「国際カイロプラクティックカレッジ・ブリッジコース(学位取得コース)」修了
―――――――――――――――――――
海外のカイロプラクティックは標準教育が整備され、学位保持者がおこなう専門業務です。

2005年には世界保健機関(WHO)で『カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン』が発行され、カイロプラクティックが定義されています。 

国際カイロプラクティックカレッジ(大阪)と Institute of Therapeutic Manipulation (オーストラリア ITM)が共同で提供する

上記ブリッジコースは、その教育ガイドライン カテゴリー(B)準拠のプログラムです。

国内で正しい教育を受けた学位保持者は、3%しかいないと言われています。

学位名「バチェラー・オブ・カイロプラクティック・サイエンス B.C.Sc 」

..............................................................

症状と向き合うには、その原因を知る必要があります。

「病院に行くまでもないかなぁ」
「病院での検査では異常はなかった」

原因や状態もわからないまま
「何となくケアを受けている」

硬い、凝っているという理由で
「強い刺激の施術を受けている」

検査で異常はあるものの
「手術するほどの状態ではない」


私もひどい腰痛に悩まされていた当時、どんなケアを受ければいいか分からず、薬を飲むか、湿布をはるか、自己流の筋トレをするぐらい。なかなかよくならず「このまま仕事が出来なくなるのでは」という強い不安がありました。


皆様はそのつらい症状でどんなことがお困りでしょうか?


医療機関ではレントゲン・MRIなどの画像検査で、骨折や脱臼、変形、損傷など、視覚的に確認できる構造の異常と症状の原因を追究していきます。


カイロプラクティックでは徒手により、筋肉・関節などの動きの異常や神経系の影響など、機能的な問題にアプローチします。


薬や手術という方法ではなく、カラダの機能・働き・治る力を機能させていくカイロプラクティックは、世界保健機関(WHO)でも推奨する『健康の維持・増進・予防』に効果的な国際的なヘルスケアです。


手技療法家なら当然と思われることかもしれませんが、“症状の原因” “症状の軽減” そこにこだわった施術を追究しております。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Rakuuカイロプラクティック
ラクー Chiropractic

イオンモール旭川西 2F
旭川市緑町23丁目2161-3 
TEL:0166-50-2225 
URL:http://r.goope.jp/rakuu-chiro
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



..............................................................
もう少しあります、お時間のある時にどうぞ(*^^*)


Q:「カイロプラクティックってどんなことするの?」
実はカイロプラクターながらこの質問には頭を悩ませます、、、。


,海蠅鬚曚阿靴董
▲櫂ポキ骨格矯正

といったイメージだと思います。

「そのどちらも違います」となるといったい何をするのか(?)だと思います。


 悗發澆曚阿掘戮海譴砲弔い討牢岼磴い任后
――――――――――――――――――
もみほぐしは慰安が目的になりますので、カイロプラクティックの中にその手法があるわけではありません。


カイロプラクティックでの筋肉に対して施術は、体の動きの妨げになっている部位や、筋肉の出力がうまくいっていないところに対して、ご自身の動きを利用したり、こちらで動かしたり、またはアジャストメントを加えて正常な運動が起こるように促していきます。

癒着をはがすことも行います。


◆悒櫂ポキ矯正』で間違いではないのですが、
―――――――――――――――――――
全身のバランスを取るための正常な動きの連鎖、それが行われていない関節・筋肉を調整したり、それに付随して起こった“神経系の変調を調整”します。


体の調子をコントロールしているのは神経ですので、その変調にフォーカスし、健康維持・増進・予防を目的としています。


神経が出入りしているのが「背骨」ですので、特にそこにアプローチするわけです。


どんなことをするか?に答えるのは何種類もあり説明が難しいですが、“ポキっ”とする手技で間違っていません。


しかしながら、生体力学・神経生理学に基づいて施術ポイントを決定しますので、触って硬い部分を矯正部位として決定するのは、安全な方法ではありません。


ちなみにカイロプラクティックでは矯正とは表現しません。アジャストメントというのが一般的です。


それから、歪みと自然治癒力、、、これについては、自然治癒力を妨げているものを見つけなくては施術のしようがありません。漠然と歪みを正せばUPするわけではありませんので、静止状態の歪みは目安のひとつ、その先に検査があります。


―――――――――――――――――――

いずれにしましても、ちょっとめんどくさい理屈のある療法ですので、


「ひと言でパッとイメージ」これが意外と難しいわけです(笑)


目的は体の調整機能の神経系ですから、『強く押したり』『ねじったり』は必要ないのは想像できると思います。


●カイロプラクティック
――――――――――――
米国発祥の学問でもあるカイロプラクティックは、法制化された国や地域では医療として認められています。

用いられるテクニックは世界で統一され、ディバーシファイド/ガンステット/アクティベータなど、その名称をきけば施術者の施術方針がわかるのがカイロプラクティックです。

日本は未法制の国のため正しい教育の整備がないために、

○○式カイロ・美容カイロなどの本来存在しないカイロプラクティックが市場に氾濫し、別の療法になってしまっているのが実状です。

現在国内にカイロプラクティックの公的資格は存在せず、上記B.C.Scも日本の学校教育法に基づく学位を意味するものではありません。

従って日本では、整体師もカイロプラクターもどの程度の知識と技術を持っているかは施術者次第ということになります。

大切なことは、

どんな療法でも「加える手技が適応の状態か否かの鑑別、そして安全性」それが最も重要です。

対象が人体である以上、科学的根拠なしに施されるべきではありません。

..............................................................
■国際カイロプラクティックカレッジ(ICC)ブリッジコース修了
■国際カイロプラクティック師連盟(FJIC)正規会員
..............................................................
〜長文をお読みいただきありがとうございますm(__)m〜

 本来のカイロプラクティックが、広く多くの人に
 利用されてほしいと思っています(^^)

TOPに戻る