寝違え未だ出没中

おはようございます。

 

月曜日です!

 

学生はもう

夏休み突入です\(^o^)/

わが子供たちも

夏休みです。

夏休みなのは子供らですが

わたしもウキウキ♪♪です\(^o^)/

 

何日も前からウキウキしていて

待ちに待っておりました!

\(^o^)/

 

だらだらと子供らと過ごす時間が

夜に確保されますので

それでうれしいわけです\(^o^)/

 

さっそく

夏休みのイベントとして

映画『メアリと魔女の花』

を子供らと3人で見に行ってきました。

3人の評価は共に80点以上の高得点です☆

 

こんなオモシロイの初めて知った(前回ブログ)

例の『ミニオンズ』

は家内と子供らが行きます。

 

 

 

さて、最近寝違えが多い模様。。。

先週のブログも同じこと書いてたんですね。。。

でもまぁいーや(笑)

 

寝違えがなぜなるかは、、、なかなか難しいところです。

原因は何点か思い当たりますが、

 

とにかく問題の生じている構造にアプローチすることには

変わりありません!

 

・上部頚椎

・下部頚椎

・上部胸椎

・第一肋骨

・胸鎖乳突筋

・斜角筋

・僧帽筋

・肩甲挙筋

・菱形筋

・肋間筋

・上後鋸筋

・横隔膜

・副神経

・肩甲背神経

 

などで優先順位を探ってアプローチです(^_-)-☆

 

患部(首)にストレスがかからないように

周辺(カラダ全体)の調整を、、、

も、当然考えはしますが、

わたしは患部ダイレクト

です。

 

ご自身でできるケアでは

温めるのはおススメできません。

諸説ありますが冷やすのが良いでしょう。

マッサージ(もみほぐし)はされないのが賢明です(・_・)

 

さて動物も寝違えるのでしょうか。。。。

わたしの歴代のペットたちではお見受けしたことはありませんが。。。

 

 

HP インフォメーション

 

 

イオンモール旭川西2F

 Rakuu カイロプラクティック

TEL:0166-50-2225

9:00〜21:00(最終20時)不定休 予約制

 


カイロプラクティック ブログランキングへ

友だち追加

●誰がお友だち登録したかは、わからない設定です●1対1のトークも出来ない設定です お気軽に追加してみてくださいね♪

 

肩こりはマッサージした方がいーんですか?

おはようございます。

曇り空です(-_-)

そして寒い。。。

 

夏は暑くなくてはいけません。

こう寒いと元気も出ません。。。

 

 

本日は書く前にタイトルが決まっておりました笑

肩こりはマッサージした方がいーんですか?

先日このような質問を受けました。

 

質問されると嬉しいのでバンバン質問して下さい。

そして私を困らせてください笑

 

私のコミュニケーション方法はカラダについて

ぐらいしかありませんから笑 (それ以外はポンコツ人間ですから)

それについて質問されるのも答えるのも楽しいわけです。

 

わからないことについては、

わかりませんと申し上げます。

それについて調べるチャンスが与えられたわけですので、

それは大変ありがたいことです。

 

手技療法の範疇を超えたものに関しては範疇外ですけどね。。。

 

で、さっさと本題に入れ!

 

『肩こりにマッサージ?』

 

なんと答えたかといーますと、

マッサージ、いーんじゃないですか(^^)

と答えたのですが、その理由は、

 

どんな手技でも効果はあります。

 

それは、その目的とそれを加える場所

それが前提になりますから、

肩がこっている原因とマッサージ自体の効果がわかっていれば

効果は得られると思います。

 

(良くない例としては)

たとえば、姿勢を維持するためにせっかく頑張っている筋肉がほぐれてしまったら、

その筋肉の努力も報われませんね。。。かわいそうに。(NGなケースです)

 

その筋肉は、また姿勢を保とうと頑張ります。また硬くなります。

そして、お前は出る幕なしと、またほぐされてしまいます。

ちゃんと仕事してる筋肉はそのまま仕事しといてもらいましょう。

(悪さしてるヤツは他にいるかもしれません)

 

マッサージを受けた方がいーか、そうではないか。

 

それは、手技の“種類”の問題がどうの、

ということよりも、状態の把握がなされるか否か

が問題で、的を得てるのであれば何だって効果は得られます。

 

注意:姿勢の乱れだけが筋肉を硬く凝り固まらせるわけではありません。

上記はひとつの例です(^_-)-☆

 

そのようなことで、当然マッサージしても効果は得られます。

しかし、硬い=マッサージで柔らかく

というのは場所によっては不正解。

正解の場所に施せば正解。

 

という具合になります。

 

ただ私はカイロプラクター(^^)v マッサージ師ではありませんので、ゆるめるべき筋肉について、という意味で質問に答えさせていただいた場面です!(^^)!

 

ただこれも、肩こり感を感じていることが筋肉の問題であった場合、というのが前提になりますから、スタートが違うというケースも考えないとなりませんね。(カラダの構造、そのすべてが原因の可能性となります)

 

さて明日は休業日をいただいております。前回アップした本、その後 全く読めておりませんので、一気に読み終えたいと思っております。

 

イオンモール旭川西2F

 Rakuu カイロプラクティック

TEL:0166-50-2225

9:00〜21:00(最終20時)不定休 予約制

 


カイロプラクティック ブログランキングへ

友だち追加

●誰がお友だち登録したかは、わからない設定です●1対1のトークも出来ない設定です お気軽に追加してみてくださいね♪

ちょっとだけ「肩」もみほぐして・・・

 

こんにちは!

「もみほぐし」や「ストレッチ」を行う目的はなんなのでしょうか?

 

いろいろ理由があると思いますが、「硬いから!」「こってるから」ということだと思います。

 

しかし、「硬いところ」「こりを感じているところ」をどうこうして結果が伴えば苦労はないのですが・・・

 

そう簡単ではありません・・・

 

 

施術者側から考えますと、筋肉をどうこうする理由の一つに「関節の可動域に制限がおこっているから」というのが挙げられます。

 

関節の可動域を改善させる方法として、「もみほぐし」や「ストレッチ」を選択するわけです。

 

受けられる側から考えますと、どうなるのでしょう・・・

「こってるから、もんで欲しい」

ということになるのでしょう。

 

乱暴な表現をしますと

 

こってるところを「もみほぐす」のであれば、誰にでもできます。もみ方が「その人の好みか、好みでないか」だけです。もんでほしいところを「強くもむか」「弱くもむか」 これだけです。

(ちなみに、未だ「ここをストレッチしてください」とリクエストされたことはありません(笑))

 

関節可動域の制限を考えて、もみほぐしやストレッチを行うという前提ならば

関節の可動域を制限している原因を考えなくてはなりません。

でなければ、関節の可動域は改善しないからです。(当たり前です)

 

ここで、ややこしいですが、筋肉が硬くこった感じがあっても、関節の可動域に制限が出ていなければ、その筋肉は異常とは言えないかもしれませんね。 それをもみほぐす意味は・・・・

 

話がややこしいので、戻します(笑)

関節の可動域を制限させるのは筋肉だけではありません。が、また話がややこしいので、この問題もここでは触れません(笑)

 

筋肉が縮もうとしていて関節の可動域を制限してしまっているときと、長期的に筋肉が硬い状態が続き、構造的に短縮してしまっていて関節を制限してしまっているとき、この2つの状態を考えてみますと

 

即時的に可動域が改善するのは前者の方です。後者の状態にあるとき、即時効果は望めないでしょう。(私は即時効果にこだわっていますので残念ですが・・・)

 

後者の場合は 高頻度のストレッチ(一日数セットを数回)長期間の介入が必要になります。そしてそれは、術者の介入のみならず、ご本人の積極的なセルフエクササイズが必要になります。

 

それから、姿勢を維持するがために硬さを維持している筋肉をもみほぐしたり、組織の損傷の保護のために硬くなっている筋肉をもみほぐしたりすると、状態が悪化することがあります。

 

ですから、施術を受けられる際は十分気を付けなくてはなりません。

 

前者の場合、縮む必要がなくなればよいわけです。ですから縮もうとする原因を見つけていくことになります。

 

 

筋肉の話なのか、関節の話なのか・・・(?)

関節の状態に筋肉は左右され、その逆も―  

筋肉だけ診とればいーわけではありません!(^^)!

そして神経の命令がなければ筋肉は機能しませんね(^_-)-☆

 

硬い肩をもみほぐすことに一生懸命になることもありません

 

イオンモール旭川西2F

Rakuu(ラクー)カイロプラクティック

TEL:0166-50-2225

http://rakuu.moo.jp/


人気ブログランキングへ

友だち追加数

しつこい肩こりに

 

お早うございます!

 

オリンピックですが、未だ殆ど見れていません・・・すごく楽しみにしていたのに全然見れていません。それは・・・夏休み中なので我が家の子供たちが連日夜更かしをしTVを占拠しているからです。そして今日もオリンピックは見れないでしょう。

なぜなら、ワンピースの映画がテレビでやるからです。必ず息子が見るでしょう。先週から楽しみにしています(^^♪

まぁいーでしょう。なぜなら私もワンピース、楽しみです(笑)

 

以上の内容で更新。でもいーのですが(^_-)-☆

 

一応カイロプラクティック ネタ

 

・頭痛

・首の痛み

・肩こり

・腕の痛み

などの慢性症状において、第一肋骨の変位(ズレ)が影響していることが少なくありません。

 

第一肋骨は筋肉の影響を強く受け、猫背などの不良姿勢でストレスがかかります。

 

上記の症状では必ずルーティーンでチェックするようにしています。

 

(娘は「コクリコ坂から」が見たい。私は柔道も見たいなぁ。)

 

イオンモール旭川西2F

Rakuu(ラクー)カイロプラクティック

TEL:0166-50-2225

http://rakuu.moo.jp/


人気ブログランキングへ

肩関節の運動障害


お早うございます!





さて、癒着性関節包炎(50肩)と診断され注射や投薬にて治療を受けるも改善されない、と来院された方がおります。

これは“50肩”! という典型的な特徴がみられず、関節包の拘縮もさほど感じられません。

確かに肩の可動域制限と疼痛、それから夜間痛がありますので50肩といえば50肩、なのかもしれません。ですが可動域制限の出方、疼痛部位に50肩とは違う特徴がでています。

初回の治療後、可動域も広がり疼痛のレベルも軽減。

仕事上、どうしても肩に負担がかかるようですし、完全に50肩がオーバーラップしていないか、といえばしてるかもしれません。(50肩と思って治療はしておりませんが。)

いずれにしましても、私が出来るカイロプラクターとしての100%の治療を行なうのみです。

 

イオンモール旭川西2F
Rakuu(ラクー)カイロプラクティック
TEL:0166-50-2225
http://rakuu.moo.jp/

人気ブログランキングへ

肩関節周囲炎

 


お早うございます!

2016年早々、世間は何かと落ち着かない様子ですが、私個人も何かと落ち着かなく経過しております。

明日は、午後2時頃より不在にいたします。

ご不便をお掛け致します。よろしくお願いいたします。




またまた肩関節周囲炎(40肩・50肩)の典型的なケースを診ました。


・腕が上がらない(ばんざいが出来ない)
・背中に手が回らない
・肩甲上腕リズムの異常(腕と肩甲骨との動きのパターンの異常)
・外旋制限(腕・肩を外に捻じれない)

いずれも鋭い激痛が走ります。寝返りで痛い方の肩を下にするのも激痛!!


整形外科での検査では異常なし、リハビリを受けるも余計痛みが増しやめてしまった。

外旋制限(腕・肩を外側に捻じれない、小さい前ならえで裏拳をする動作)と激痛!

肩関節の関節包のRIという部位に拘縮がおこると以前お話しましたが、外旋という動きはRIを引き伸ばす力がかかりますので、制限と痛みが生じるわけです。

関節包内(関節の内圧)は陰圧の状態です。

大気圧に対して低い状態です。

それにより腕の骨が肩に吸い付き、関節が安定するような構造になっています。

肩の外旋運動では内圧は上昇し、内旋では低下します。

疼痛により肩関節周囲の筋肉が硬くなり、さらに肩関節の内圧を上昇させてしまいます。

いわゆる負のスパイラルですね。

とにかく関節包のリリースと、関係の筋肉・神経のリリース、それとセルフエクササイズが非常に重要です!

それから栄養バランス、特にマグネシウム不足も問題となります。


 

 

イオンモール旭川西2F
Rakuu(ラクー)カイロプラクティック
TEL:0166-50-2225
http://rakuu.moo.jp/

人気ブログランキングへ

50肩


お早うございます!


と書き出したのですが・・・・・

なんだかんだで、こんにちは!

になってしまいました。

ありがたいことです。

ご来院の皆様ありがとうございます。


最近は、四肢の症状を診るケースが増えております。(四肢→腕や脚のこと)

特に、膝と肩が多い印象です。

その中でも厄介なのが、50肩ですね。今週は2人、50肩を診ております。

幸い、お二人とも初期の症状で、関節の可動域制限はそれほどありません。

その場で、痛みはほとんど気にならない程度になります。

ですが、最初が肝心です。悪くなる前にコントロールしなければなりません。


50肩の原因は未だわかっておりません。なぜ起こるのか原因不明です。しかし、肩に起こっている状態はわかっています。
肩の関節包の拘縮です。ですから、拘縮部位のリリースがメインアプローチになります。

http://blog.rakuu.moo.jp/?eid=6




肩に鋭い痛みを感じる方、お早めにケアされることをお勧めいたします。



 

イオンモール旭川西2F
Rakuu(ラクー)カイロプラクティック
TEL:0166-50-2225
http://rakuu.moo.jp/


人気ブログランキングへ

歯・歯茎の痛み


こんにちは!


タイトルの症状ですが、歯科で診てもらったが、「虫歯はないし・・・・」「異常はみつからなかった・・・・」

肩こりは強いほうで、自分でマッサージしたら和らいだ。

という訴えで来られる方が少なくありません。



原因は、大耳介神経という神経が関わっているケースかもしれません。

大耳介神経が首の筋肉の問題で圧迫を受けたり、神経そのものの機能低下で、

歯・歯茎の痛みとして自覚されるようになります。


・首、肩の張り、こり感
・偏頭痛
・めまい

なども伴っているケースも少なくありません。


カイロプラクティックアプローチ
・頚椎のアジャストメント
・神経のリリース

がメインとなります。


比較的その場で軽減される印象です!






その歯・歯茎の痛みは、「歯医者さん? or カイロプラクティック?」



 

イオンモール旭川西2F
Rakuu(ラクー)カイロプラクティック
TEL:0166-50-2225
http://rakuu.moo.jp/


人気ブログランキングへ

胸郭出口症候群


お早うございます!

皆さんはタイヤ交換はお済ですか?

私は夏タイヤでございます。急がねばなりません。
 


 


胸郭出口症候群 (きょうかくでぐちしょうこうぐん)

鎖骨周辺で腕神経叢や鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が圧迫を受け、腕や指先にダルさやシビレ・冷感などが現われます。(特に小指側に多く出現し、女性に多い傾向があります。)

いくつか原因があります。



斜角筋症候群
首の骨と肋骨との間を走行している筋肉に斜角筋があります。この斜角筋の間を腕神経叢と鎖骨下動脈が走行しています。
腕神経叢は腕や指先のほうへ走行する神経の束です。鎖骨下動脈は同じく腕や指先に行っている動脈です。
これらが斜角筋によって圧迫をうけ上記の症状が現われます。

肋鎖症候群
第一肋骨と鎖骨の間を腕神経叢、鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が走行しています。第一肋骨と鎖骨の間で左記の神経、血管が圧迫をうけることで症状が現われます。

小胸筋症候群
肩甲骨の烏口突起という部分と肋骨をつなぐ筋肉に小胸筋があります。その筋肉の下を腕神経叢、鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が走行しています。ここで圧迫をうけ症状が現われます。

頚肋
通常肋骨の存在しない頚椎(首の骨)から肋骨が出現した状態。これも原因のひとつになります。
 

 



カイロプラクティックアプローチ

・上記の原因箇所を理学検査、触診検査で特定。
・圧迫部位のリリース
・神経そのもののリリース
・関節のアジャストメント
 



類似する症状

・頚椎ヘルニア
・肘部管症候群
・ギヨン管症候群

などなどなど
 



皆様、タイヤ交換はお早めに!


 

イオンモール旭川西2F
Rakuu(ラクー)カイロプラクティック
TEL:0166-50-2225
http://rakuu.moo.jp/


人気ブログランキングへ

肩の痛み・・・・ 肩こり? 五十肩? インピンジメント症候群?


五十肩については、ごくごく簡単に先日述べました。

当院に来られる方に、五十肩はそれほど多くない印象です。  そもそも五十肩では病院に行かれる方が多く、カイロプラクティックが選択されないからなのでしょうか・・・・・・?  

肩の痛みで、他にはインピンジメント症候群があります。  肩関節の異常な運動パターンです。

野球やバレーボール・水泳などの選手に多くみられます。   

インピンジメントとは “衝突” を意味します。

腕を挙げていく際、腕の骨と肩甲骨が衝突することによって周辺の軟部組織に負荷がかかり痛みを生じます。




 

痛み・原因の好発部位                  

・棘上筋腱
・上腕二頭筋腱
・関節包
・肩甲上腕関節
・肩鎖関節
・腋窩神経
・肩甲上神経
 

カイロプラクティックでのアプローチでは上記部位のアジャストメントとリリースを行ないます。

肩甲骨の不安定性も原因の一つとなります。  これは運動療法が必要になります。

五十肩とインピンジメント症候群で肩の症状の大半を占めるのではないでしょうか。   
この二つ以外に “肩こり” も非常につらい症状ですね!